はりきゅう処 群青

症例紹介

脳ドックに行っても異常ないと言われる頭痛

来院
2020年 12月
患者
50代 女性
主訴

3年前ぐらいからよく頭痛がするようになった。

それまでは年に2回頭痛がすれば多い方なぐらい頭痛はしたことがなかったので、脳に何か重大な病気があるのではないかと脳ドックを受けたが特に異常はないと言われた。

市販の頭痛薬を飲んでいたが頭痛の頻度が多くなり頭痛外来を受診し「肩こりからくる頭痛」と診断を受け頭痛薬をもらい飲んでいるが特に肩こりも感じないし薬を飲めば治まるがまた痛みは始まる。

3年前から毎年脳ドックは受診しているが異常はないようで、最近ではほぼ毎日頭痛がし1日に2回頭痛薬を飲む日がある。

 

施術

肩の筋肉は硬いが肩こりとは自覚していないようで、肩より首の緊張の方が強い。

頭痛のせいなのか睡眠も浅く寝つきも悪い。

1年前に閉経しており頭痛が始まった3年前あたりから頭と顔によく汗をかくようになり暑い日と寒い日の差が激しくなった。

上記のことから頭痛の原因は肩こりだけでなく、仕事(下を向く軽作業)による首の緊張と閉経によるホルモンバランスの乱れが関係していると思われる。

ホルモンバランスを整えながら体の緊張した筋肉を緩める治療をした。

【通院回数】6回

鍼(はり)にはかなり抵抗がある様でしたので接触鍼(刺さない鍼)も併用しお灸中心の治療としました。

 

 

治療後

1回目の治療後頭痛の頻度が減り効果を実感できたが途中波があり頭痛の回数が増えたこともあった。

そんな中でも自覚していなかった首や肩の凝りが緩み楽になっていく感覚は共有できたので治療の継続が出来ました。

現在、頭痛は天気の悪い日のたまにするぐらいでほとんど頭痛薬を飲むことは無くなりました。

今まで体温が35度台だったのが36度まで上がってきたのがうれしい効果でした。

その他

通院間隔は、特に決めずご自分の都合でとお願いしました。性格的にも行かなければというプレッシャーは避けたいと思ったためでしたが、結果的には時間は少し長くかかりましたが身体の変化を実感していただけ良い結果になりました。

 

友だち追加

閉じる