はりきゅう処 群青

ブログ

白湯

2015.03.31

index

 

 

 

 

「白湯」飲むとイイよ♪と聞いてさっそく飲んでみようかと沸かしてみましたが

ん?え?

何がどんなにイイのやら???

そこは聞いてない!

 

ちょっと調べてみました

 

「白湯」ってただのお湯でしょう~

ぐらいに思ってましたが、けっこうこだわりがあるようで

「作り方」なるものもたくさん出てました

ただ沸かすだけじゃないんですね!(^^)!

 

それに、健康・美容効果もあるみたいで意外と奥が深そうです

 

まずは

白湯(さゆ)とは?

白湯とは、沸騰させたお湯を飲める温度まで少し冷ましたお湯です

沸騰させることで不純物がなくなり口当たりも柔らかく美味しくなります

白湯を飲むという健康法はインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」の一つとして始まったようです

アーユルヴェーダでは、白湯は「消化力をあげて胃腸を浄化し、毒素を排出するもの」として白湯が洗浄力が1番強いとしています

 

白湯の効果

❏腸内の老廃物を洗い流す⇒デトックス効果

❏胃腸を温める⇒冷え症・血流改善

❏新陳代謝を高める⇒ダイエット・美肌効果、便秘改善

❏内臓の疲労回復⇒消化吸収率改善

 

白湯の作り方

1.やかんに水を入れ強火で沸騰させる

2.沸騰したらやかんのフタを取り湯気が上がるようにする(換気扇をまわす)

3.水が吹きこぼれない程度に火を弱め10~15分沸かし続ける

4.飲める温度まで冷めたら出来上がり

アーユルヴェーダは3つのドーシャが身体に働きかけているとされていて、「ヴァータ」「ピッタ」「カファ」がバランスよく働いている状態を健康としています

※ヴァータ・・・風のエネルギー

※ピッタ・・・火のエネルギー

※カファ・・・水のエネルギー

火で水を沸かし湯気を換気扇で流すことにより「火」「水」「風」のトリドーシャのバランスが整った飲み物になるのです

 

今気づきましたが、我が家はIHなので火が入らない…です

 

白湯の飲み方

温度の目安は50℃ぐらいで

飲むときは、ズズズ・・・とすするようにして飲みます

コップ1杯を5~10分かけて飲むのが理想的です

1杯150cc程度で、1日800mlがおススメです(飲み過ぎには注意です)

 

1.まずは朝起きて歯磨きした後沸かしたてを飲む(30分後に朝食)

2.各食事中に朝沸かした残りをポットに保温しておいたものを飲む

※熱すぎても冷たすぎてもダメで、水で薄めたり沸かし直しもNGです

 

たかが白湯、されど白湯ですね

飲み方にも色んな考え方があるようで「食事中はNG」という方もいらっしゃいました

 

まずは自分で飲んで試してみようと思います

 

 

 

 

 

はりきゅう処 群青

住所
〒711-0903 岡山県倉敷市児島田の口7-6-12
定休日
毎週水曜日
※不定休あり(お手数ですがHPのカレンダーでご確認ください)
TEL
086-451-5676
E-mail
info@gunjyou.jp

友だち追加
ID:@uel5317g

閉じる